千葉大学では、ベンチャービジネス講座を受けることができます。
ベンチャービジネスと言えば、魅力的ではあるがリスクも大きい言われるものでありますが、現在ではそんなベンチャービジネスについて学ぶことができるわけです。
この講義の内容について紹介します。

オムニバス形式での講義

ベンチャー企業経営者・経営コンサルタント・知財専門家・大学教員・研究者といった多岐にわたるジャンルの人たちを招き、オムニバス形式での講義が行なわれます。
講義の時間は水曜日の5限、場所は自然科学系総合研究棟2・2階マルチメディア講義室
定員は100名となっています。

ベンチャービジネストレーニング

ベンチャービジネストレーニングとは、起業に関連した特許申請やシーズ発掘、それに資金調達や事業計画書などの作成を行うために必要な実践的な力を養い、対価的なビジネスモデル構築を目指します。
まずは前半の講義でベンチャービジネスを立ち上げるための基礎知識を学び、事業計画や資金計画などの作成を通じて企業を疑似体験します。
時間は木曜日5限で、場所はベンチャービジネスラボラトリー3階会議室、定員は40名となっています。

ベンチャービジネスマネージメント

ベンチャービジネスマネージメントとは、大体5人ほどを1グループとして、グループワークを通じてビジネスプランである作成から発表、そして検討を繰り返し行っていきます。
そして、その取り組みを通じ、自ら考えることを行い、事業を進める力を養っていきます。
座学を随時取り入れることによって、ベンチャービジネスとマネジメントの理解を促していきます。
時間は水曜日5限、場所はベンチャービジネスラボラトリー3階会議室、定員は40名となっています。