AI技術の発展を生かしたAIリクルーティング

AI(人工知能)を活用し、“人間がわざわざやらなくても大丈夫な仕事”を賄わせることで、作業効率をアップさせることが出来るのが、AIリクルーティングです。
AIの進歩は近年目ざましいものがあり、一昔前までの仕事量、作業効率と比べると、大幅に企業全体の負担が軽減、仕事の効率化が図られていると言えるでしょう。

例えば、定期的に自動的にメールマガジンを配信、会員登録者への自動通知、イベントの案内など、マーケティング類に幅広く活用されています。
少し前までは、こうした仕事は人間の手で逐一行わなければいけませんでしたが、AIを活用することで、自動配信が可能となったのです。
様々な企業でこの機能が応用されており、アイデアや活用方法次第で、様々な場面に利用することが出来るでしょう。

オートメーション化して負担減

AIリクルーティングのように、様々な事柄をオートメーション化することで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
やはり一番は、従業員、労働者への負担を減らすことが出来る点があげられるでしょう。

AIリクルーティングでは、人間ではなくても行える仕事、人工知能でもしっかりと行える仕事を賄います。
例えば、人事採用など、人と人とがフェイストゥフェイスで行わなければいけない事柄に関しては、もちろん人が行いますが、それ以外の業務は、ほぼすべて人工知能が活躍できるでしょう。
もちろん、採用マーケティングに関しても、ある一定のラインまで、人工知能が賄うことが可能です。
面接にこぎつける前の段階、アプローチの段階では、人工知能を活用したオートメーションが利用されることが増えてきているでしょう。

今後も更なる発展が見込まれるAIリクルーティング

今後もAIリクルーティングは、実に幅広い範囲で活躍することが期待されています。
人工知能を活用した、マーケティングオートメーションもその一つです。

例えば近年増加傾向にあるのが、採用マーケティングに関する使い道です。
自社に興味がある人が、気軽に登録をすることが出来るタレントプールなどが、その一例と言えるでしょう。
今すぐの転職は考えていないものの、将来的に転職をするかもしれない、興味があるという方を、直接フォローすることが出来るでしょう。
将来的なご縁に繋がることも少なくありませんので、こうしたマーケティング方法を採用している日本企業も増えているのです。

更に、登録した方が一定回数チェックをすることで、自動的に面接のご案内を送ることが出来るシステムなど、積極的なツールも導入されています。
こうしたツールを導入してマーケティング出来る点も、人工知能ならではと言えるでしょう。