生産性向上効果が期待できるGTD

GTD(Getting Things Done)とは、生産性向上コンサルタントのデビッド・アレン氏が提案をしている、タスク管理術の一種として知られています。
主に5つのステップで構成されているフレームワークとして知られ、ビジネスパーソンが是非とも知っておきたい管理術として、大切にされているのです。

GTDの5つのステップは、把握する、見極める、整理する、更新する、選択するの、5つに分類されます。
それぞれ、仕事の状況や今後のことを考えてのステップとなりますので、欠かすことは出来ません。

まずは、何をやるべきなのか把握した後、その事柄は本当にやるべきなのか、いつやるべきなのかなど、状況を把握していきます。
その後、状況や事態を整理して、どのタイミングでその事柄を行うのか、仕事内容を整理していき、必要に応じて仕事をこなしていくのです。

その後、今までステップで蓄積したリストを、状況に合わせて更新、必要に応じて共有を行っていきます。
そして、タスクの整理整頓が終ったら、実際に行うタスクを選び、こなしていきましょう。

このように、タスク管理を明快にすることが出来るのが、タスク管理術、GTDの大きな特徴となります。

GTDを徹底させることが仕事効率アップに繋がる

GTDはこのように、どんな仕事内容があるのかを把握して、整理整頓、対応をしていくまでの流れのことを指します。
ただ蓄積したタスクをこなしていくだけでは、仕事効率はいつまでたってもアップしませんので、より効率的に仕事を行うためには、非常に重要と言えるでしょう。

タスクは日々、意識をしておかねばどんどんと蓄積してしまいます。
キチンとタスク管理をしようにも、術を知らないと、反対に効率が悪くなる可能性があるでしょう。
タスクの整理整頓を行うためにも、GTDの考え方は、最初の方に覚えておくべき、教えておくべき考え方と言えます。

ツールを活用してGTDを取り入れる

GTDを取り入れるためにはまず、実際にタスクを書きまとめることが必要になります。
紙とペンに書いて行うのも一つの方法ですが、消す手間などを考えると、アプリやツールなどを活用すると、よりサクサクと利用することが出来るでしょう。
GTDは実際に行ってみるとわかりますが、タスク管理をする手間暇も軽減することが出来る、フレームワークですので、多くのビジネスパーソンに活用されています。

フレームワーク向けのツールやアプリなどはいくつか用意されていますので、自分に合っているタイプを選ぶことで、より仕事効率をアップさせやすくなります。
タスク管理に失敗している部下がいる場合なども、GTDの考え方を身に着けるように、レクチャーすることが重要になるでしょう。