多くの営業社員が見逃している見込み顧客

営業スタッフとして多くの現場を渡り歩いている人でも、案外将来的な「見込み客」については見逃していることがよくあります。
営業担当者はまず企業内の広告販促部が行っている広報活動に従い、ターゲットとなる企業を回りそこで購入に至るまでの商談を仕掛けていくことになります。

しかし真面目な営業マンほど当初に予定していた顧客にばかり目が行ってしまい、その途中で出会うことができる見込み顧客の存在を忘れてしまいがちです。

企業に営業をかけるときには、売り込み先として当初予定しているところだけでなく広くチャンスをうかがうようにする方がぐっと効率的です。
営業マンは常に自分の営業活動で見込み客を逃していないかということを意識して行動していくことが大切です。

最初のアプローチであきらめていませんか?

見込み客を逃す最も大きい例として、最初のコンタクトでよい返事をもらえなかったところを切り捨てているということがあります。
確かに営業活動をしていて最初のアプローチであっさり門前払いを食らってしまうと「ここはもうダメだな」と切ってしまいたくなります。

ですがそうした最初はとりつきの悪い企業も、その後内部での必要性を説いていくことで長く付き合える取引先になってくれることもよくあります。

見込み客であるかどうかは相手からの反応ではなく、その企業や顧客の必要性に関係しています。
粘り強く必要性を働きかけることにより大きな成果を得られる可能性もあるのであきらめずに営業をしていってください。