世の中には、たくさんのビジネスにおける成功者がいます。
彼らは、とても多くの名言を残しているのですが、この名言にはどのようなものがあるのでしょう。

胸に刺さる言葉

佐治敬三というサントリーの元会長は、「いつかは誰かがやらねばならない事がある。だからうちがやる!」という言葉を残しています。
ソフトバンクの創業者である孫正義は「起こるのは自分の知恵の足りなさを認めるようなものです」と述べています。
京セラの創業者である稲盛和夫は、「強い思い、情熱とは、寝ても覚めても常にそのことを考えている状態で、自分自身の成功と情熱と呼べるほどの強い思いが未来を響くと言う言葉も残しているのです。
ビジネスマンへ向けた名言集。
>>ビジネスマンへの名言集|がんばれ凡人

その他の名言

かのディズニーランドの創業者である、ウォルトディズニーは,「失敗したからって何なのだ?失敗か学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか」という言葉を残しています。
セコムの創業者である、飯田亮氏は「仕事というものは、やめなければ本物になるなる。続ければ、必ずものになる」と言っています。
この人は、ベンチャー経営者の元祖とも呼ばれている人物なのです。

スウォッチという世界最大の時計製造会社の創業者、ニコラス・ハイエックは、「時間を無駄にせず、予定を立てて行動すること。ただし、予定表を全て埋めてはいけない。それでは独創力が死んでしまう」と言っています。
マクドナルドコーポレーションの創業者で、アメリカの実業家であるレイ・クロックは、「私は一夜にして成功をおさめたと思われているが、その一夜というのは30年だ。思えば長い長い夜だった」と言っています。

ビジネスにおいて様々な言葉が言われていますが、何が良くて何がいけないかと言うのは一概に決めることはできなくて、結局成功することによってそれが正しくなると言えるでしょう。
こうした人たちが残した名言を心にしまいながら行動し、新たに成功を収めた人が新たなる名言を生み出していくことになるのです。
今後も様々な名言が産み出されていくことは間違いありません。