ビジネスにおいて必要とされるのは柔軟性です。
これが無いと、難しい局面に遭遇したときに回避できないほどのダメージを負う可能性すらありますし、新しいことにチャレンジすることも難しくなってしまいます。
そもそもどこかしら柔軟性が無ければ適応力を持つこともできませんし、真面目なだけで柔軟性が無ければ仕事において不遇な目に会いやすくなります。
実際、臨機応変な対応ができる人は、どこに行っても必要とされることでしょう。

対応力がものをいう

この柔軟性というのは、柔らかくしなやかに対応できる性質のことを言います。
イメージ的には竹のようなものを想像するとよくて、風や嵐に対しては受け流して折れませんし、風がやんだら元の直立に戻るということです。
これを仕事に置き換えてみると、以下のような感じになります。

相手の言い分をしっかりと聞き、道理があると思ったら謝ることができる。
しっかりと意見を持っていることに加え、相手の意見もきちんと聞くことができる、そして尊重もできる。
考え方に核たるものがあり、誤れることは謝るというのも柔軟性のひとつです。

様々な柔軟性

すぐに何でも拒否してしまうと言うのではなく、そうした考え方もあると受け止める、その後様々な角度から良いところ、悪いところを評価し自分なりの答えを出すことも柔軟性のひとつです。
変化に対応することもまた柔軟性のひとつで、これはトラブルや不確定に対して臨機応変に対応、変化する状況に対して優先順位の入替えややり方を変えるというものです。
最終的には自分の考えの思い込みを排除することから始めると言うものです。

状況が悪い中でも、挑戦をするマインドを持つこともまた柔軟性のひとつと言えます。
ネガティブな状況を受け入れ、自分の課題や試練と位置づけることで、そこから学びや成長を実感していくという考え方です。
避けるわけでもなく、誰かのせいにするわけでもなく、可能なことを見つけて実行するというものです。

柔軟性が無ければどうなる

柔軟性の無い人は、周囲からあまり好かれることはないと考えられます。
固定概念を持っており、自分の考え方が一番正しいと思っている人は、周りから敬遠されやすいのです。
変化に対応できない、自分の間違いを知っていながらも自分の意見を変えることができないというのは、周囲から疎まれて孤立を招いてしまいがちですから、人からの好意を得られることが難しいわけです。

こうした点から見ても、ビジネスにおいて柔軟性は欠かすことができない要素と言えるでしょう。
周囲に適応する柔軟性はビジネスに欠かすことはできません。
凝り固まった姿勢では、キャリアの機会を広めることはできないため、柔軟性を持つことを考えるようにしたいものです。