言われたことしかできない部下は指示出しの方法で決まる!

近年多い厄介なビジネスパーソンのタイプの一つが、言われたことしかやらない後輩です。
指示を受けたことは的確にこなすものの、自分で判断をして動くことをしない、積極的に仕事参加をしないなど、イライラさせられることも少なくありません。
ビジネスパーソンとしては、気配りの心を身に着けてほしい限りですが、その点を注意しても、そういった部下の場合はやらない可能性が高いでしょう。

そんな部下に対しては、指示出しの方法を変えるだけで、部下を活用することが可能です。
言われたことしたやらないのは反対に、言われたことはきちんとこなすので、指示を少しずつレベルアップさせることで、立派なビジネスパーソンになっていくでしょう。
もちろん、突然指示の内容を難しくしてしまっては潰れてしまいますので、必ず気配りをもって接するようにしてください。

仕事の邪魔になる、ちょっかいを出してくる同僚は…

同僚の中には、仕事中であることを忘れ、ビジネスとしての距離感ではなく、友達感覚で構ってくるような方もいます。
ですが、同僚だからと言って邪険に扱うと、人間関係の悪化、職場での印象が悪くなることも少なくありません。

構ってちゃんな同僚に悩まされた場合は、邪険に扱うのではなく、上手く手玉に取ることが重要でしょう。
あなたに好意があるからこそちょっかいをかけてきますので、上手く扱うことが出来れば、ちょっと無理なお願いも引き受けてくれます。

ちょっかいをかけられて面倒くさいと思うのではなく、あくまで下手に出て、あなただけが頼りだというスタンスを見せることが一つのポイントです。
こういったタイプは、頼られるとやる気をだす方が多いため、どんどん相談をしてみるようにしましょう。
反対に、頼られると責任を逃れたくて、出来るだけ関わり合いを持たないようにしようと逃げるタイプもいますので、どちらにせよちょうど良いでしょう。

意見が通じない上司にはさらに上に頼るのも手

意見が通じない上司、出される指示が毎回都合によってコロコロと変わるような厄介な上司も、ビジネスの現場ではよくいるタイプです。
仕事に支障が出ることも多く、自分が悪いことをしていなくても、怒られた経験がある方もいるでしょう。

どうしても意見が通じず、仕事に支障をきたしている上司であれば、更にその上の上司に
報告をするというのも一つの方法です。
上司を押さえつけられるのは上司だけですので、上手くコネクションを作ると良いでしょう。

難しい場合は、上司を上手に操るのも一つの方法です。
上司に気に入られるように、自分は尊敬をしていますというスタンスを貫くことで、徐々に上司の対応が変ってくることも少なくありません。