一見同じに見えるビジネススーツにも着こなし術があります

最近ではオフィスの作業着をなくして自由な服装で勤務してもよいとする企業が増えてきたことで、特に女性で毎日のコーディネートに悩む人が増えてきました。

男性もビジネススーツを基本としていつつも、クールビズやウォームビズといった時期にはスーツではなくより気温に合った服装にするということもあります。

オフィス用の服装というのはある程度のフォーマルさを残しつつもカジュアルを加えるという微妙なドレスコードであるため、あまり普段から服装のコーディネートに自信がないという人にとっては大きな悩みになってしまいます。

しかし一見簡単そうに見えるビジネススーツにも着こなし術というものは存在しています。
ビジネスにおける服装は幅こそ広がってきていますが基本的な考え方はどれも同じです。
つまり「周囲に不信感を与えないこと」です。

特に金融系や不動産系などの仕事は顧客として訪れる人からいかに信頼を得ることができるかどうかがビジネス成功の鍵になってきますので、どのような服装にしても相手に不快感を与えないような無難な服装にすることが求められます。

人は見た目が9割とはいいますが、その見た目のうちかなりの割合は服装が占めています。
最も難易度が低いとされているビジネススーツにも信頼感がえやすい・えにくいスタイルがありますので、オフィスファッションの基本をマスターしていきましょう。

最も好感度の高まるオフィスウェアとは

まず男性のビジネススーツから考えていきます。
男性用のビジネススーツの場合、就活では「紺色もしくは黒」といった暗黙の了解があります。

社会人になるともう少し幅が広くなってグレーのスーツもOKになりますが、それ以外の色のスーツはかなり着こなしが難しく、場合によっては相手に不信感を与えることになってしまいます。

デザイン関連業や経営者などなら個性を出したスタイルもよいのですが、一般社員の場合にはやはり無難な「黒・紺・グレー」のいずれかでまとめるのがよいでしょう。

次にネクタイとシャツですが、最も好感度が高い色は「シャツは白、ネクタイはストライプ」という非常にオーソドックスなものです。
あまり色の組み合わせに自信がないという人は濃い色のシャツや奇抜な模様のネクタイといったものには手を出さずに同じような着回しで微妙にカラーバリエーションを作っていくのがよいといえます。

「好感度を上げる」というと何か他の人よりも秀でたセンスを見せないといけないように思ってしまいますが、実際にはより無難な服装をきれいに着こなすことこそが最もよいオフィスウェアとなります。

あまり体のシルエットを強調しすぎない

女性のオフィスウェアの基本になっているのが「露出を控えめにする」ということです。
女性向けカジュアルウェアの中にはノースリーブやミニスカートのような露出の大きいものがありますが、それらはデートにはよくてもオフィスでは基本NGです。

これと同じことは男性向けの服装にも言え、最近流行の細すぎるパンツやウエストを絞ったスーツなどはオフィスウェアとしてはちょっと周囲によい印象を与えないことがあります。
男性の着こなしにおいてはサイズ感が大事ですが、かといってあまりにも体にぴったりしすぎるものはオフィスでは不適切です。