営業の場合、名刺は自分から差し出して!

ビジネスパーソンとして必需品とされている、名刺。
そんな名刺ですが、名刺交換をする際には基本的に、目下の方が目上に差し出すことが礼儀となっています。
目下はいわば、お金をもらう立場の人、目上は、お金を支払う立場の人という解釈ですので、営業で顧客と名刺交換をする際には、名刺は先に差し出しましょう。

目下か目上かどちらかわからない場合は、名刺を先に差し出す姿勢を用意しておけば間違いないでしょう。
無理にぐいぐいと渡す必要はありませんが、下手をすると失礼に当たる可能性があるという事を、頭に入れておいてください。

名刺を受け取る際には、出来るだけ端を持つ

名刺を受け取る際には、相手の名刺の企業名や名前などに自分の指が重ならないように、名刺を頂戴しましょう。
頂戴する際には一言、「頂戴いたします」の言葉を添えることも忘れてはいけません。
名刺を受け取ったら、しっかりと名刺を確認して、お名前と企業名をよくチェックしましょう。
お名前の漢字が読みにくい、珍しいという場合は、呼び間違えの無いように、このタイミングできちんと確認をすることが大切です。

名刺は胸の高さまで持ち上げて、相手が受け取りやすいように、相手が名刺を見えやすいように差し出してください。
両手で丁寧に渡すことが、好印象を与えるための基本中の基本です。
差し出す際には、「○○社の○○です」というように、社名と名前を名乗りながらお渡ししてください。
ついつい名刺の方をみてしまいがちですが、出来るだけ相手の顔を見て、笑顔で渡すように心がけましょう。

名刺交換のタイミングでは、名刺の内容から話を膨らませることも出来る場合があります。
全くの初対面の場合は、名刺の住所をチェックして、○○にあるんですね、など、一言添えるだけで、話のきっかけを作ることが出来る場合もあるでしょう。

後から名刺にメモ書きを添えておくことが大切

名刺は交換をするだけでは意味がありません。
あくまで、名刺とその人の存在をリンクさせて、次回からの御縁をつなぐことが重要になるでしょう。
しばらく間が空いてからですと、どんな方か忘れてしまう可能性がありますので、後から名刺の裏に、付箋などを使ってメモ書きを添えることもおすすめです。

例えば、その人の第一印象、どんな話をしたのかなど、ちょっとしたコメントを書き加えておくことで、その人とまた会う時に、会話のネタを掴むことが出来るでしょう。
名刺に直接書いてしまうと、誰かに見せるときに支障が出ることもありますので、注意が必要です。

名刺交換は、第一印象を決める重要なポイントになりますので、丁寧に行うようにしてください。