千葉で行われているビジネスのひとつに、製粉ビジネスと言うものがあります。
これは、その名の通り製粉を用いたビジネスのことです。

研究開発

麦に秘められた可能性、特製を追求して食のニーズに対応する製品開発が行なわれており、
素材の中に秘められた機能を引き出す研究開発を促進することを目的としています。

製麺開発では原料素材の徹底分析が行なわれ、高付加価値製品の開発を行っています。
小麦の持つ特性を引き出して新しい製品を生み出すことを行っています。
高品質の小麦粉を使用し、新しいめん食文化の創造をするための研究が行なわれています。

製パン開発では、パンの基礎研究や独自の開発技術ノウハウを使った上質なパン製品の開発が行なわれています。
安全志向、ヘルシーなどの時代のニーズに応えるような高品質かつ多彩な食材が産まれています。

機能素材開発では、小麦粉の構成成分に対して可能性を追求しています。
そこから食品素材を用いて、食品用接着剤や化粧品素材などの安心、安全な機能素材の開発を行っています。

プレミックス開発では、食生活を多彩かつ豊かにすることを目的として、優れた製品を生み出すための研究開発を行っています。
プレミックス製品群としては、てんぷら粉、唐揚げ粉、ベーカリー類としては、ドーナツ用、パン用、ケーキ用といったものが開発されています。

小麦にこだわる

製粉ビジネスで大切なのは、その原料になる小麦です。
小麦についてのこだわりがなければ良いものは作れません。
豊かな大地の恵みをたっぷりと受けて育った小麦一粒が、製粉ビジネスを支えているのです。

小麦は、先入れ先出しを行うことをはじめとした、気遣いのある保管方法が求められます。
低温、低湿度での保管はもちろん、ネズミなどの害虫にも注意しなければなりません。
こうした心遣いを持ってこそ、良いものが作れるというわけです。

製粉ビジネスの今後

食は人間にとって必ず必要になるものです。
ですから、この製粉ビジネス自体は無くならないと思われますし、研究が続く限り必ずや続いていくものと予想されます。
更なる今後の発展にも期待が持てるものと言えるでしょう。