千葉ニュータウンで実現する「地域包括ケアシステム」

日本国内で急速に進んでいる問題である少子高齢化に対応するべく、現在急ピッチで社会福祉制度の改革・再編が行われてきています。
目玉政策として掲げられているのが「地域包括ケアシステム」という、介護・医療を地域で一体的に行っていくという方法です。

従来までの高齢者のための福祉は、病気の時には病院、介護が必要になったら入所施設といったようにはっきりと区分けがされていました。

しかし高齢者が増えたことにより病院や開度施設での病床数が追い付かず、必要なケアを受けることができない人が増加してきました。

そこで今後は各施設ごとに独立した対応をするのではなく、在宅介護を基本としつつ通所介護や通院などにより高齢者の健康管理と見守りをしていこうという方法にシフトしようとしています。

そのためには病院や介護施設だけではなく、地域全体が協力して高齢者を支えていくということが必要になります。
そこで「地域包括ケアシステム」という枠組みを作ることで、一人ひとりの高齢者に対してきめ細かいケアができる体制をとっていくことが各自治体に求められています。

これまでは国が主導してきた高齢者ケアを地方自治体に大幅に権限移譲することが決まっており、地域ごとに独自の事情に応じた高齢者ケアを展開していくことができます。

千葉県における医療福祉ビジネスの可能性

そうした地域単位でのケア体制に大いに可能性を感じさせてくれるのが千葉県です。
中でも千葉県印西市の「千葉ニュータウン中央駅」では新たに都市開発を展開する中で地域包括ケアシステムを構築することを目的としています。

地域包括ケアシステムを適切に連携させていくためにはまずある程度の規模の都市の大きさとともに、町の中で完結できる複数の施設が存在しているということが必要になります。

既にある程度町の形ができている地域においてはそこから新たな連携システムを作っていくというのは難しい面もありますが、千葉ニュータウン中央駅周辺は新しく開発された都市ということもあり、比較的住民の年齢層も若く都市も計画的に配置をされています。

そのため現在千葉県内でも最も注目されている地域包括ケアシステムの町とされており、着々と周辺地域の病院や介護施設との連携が進められています。
連携が整えば今後ますます多くの住民が移り住んでくることも期待できるので、千葉県中央部に中心都市ができる日も近いかもしれません。

医療福祉がビジネスとしてのチャンスも広げる

千葉ニュータウン中央駅の強みは新しく都市開発をされるということだけでなく、国道や路線により東京都内および成田空港と直結させることができるということです。

千葉県中央部を走る国道464号線は東京方面から真っすぐつながる道路であるとともに、東に進むことにより成田空港にも直通します。
この立地の強みを生かすことにより「医療ツーリズム」という新たな観光資源とすることも狙いとなっています。

「医療ツーリズム」とはここ近年急増している海外からの観光客のためのサービスで、医療システムが整っている日本の病院で検査や治療を受けたいというニーズに応えるものです。

既にアメリカでは「メイヨークリニック」というミネソタ州の小都市が大病院を建築することにより多くのセレブ客を誘致することに成功しています。

海外からの観光客が増えればその分ホテルや飲食店なども増加していくことになるので、経済全体に大きな波及効果を期待することができます。