千葉大発ベンチャービジネス実践論

千葉大発ベンチャービジネス実践論という本があります。
この本は、ベンチャー教育は、ベンチャー企業の成功者と魂に直接触れることによって活性化されるという考えの元、起業を考えている人に対して必要とされるベンチャースピリッツ、そして実践に対して必要になるスキルが分かりやすく解説されているものです。

著者について

この千葉大発ベンチャービジネス実践論というもの著者は、千葉大学ベンチャービジネスラボラトリーということになっています。
この千葉大学ベンチャービジネスラボラトリーは、1999年に千葉大学電子光情報基盤技術研究センターに設立されました。
2004年には千葉大学電子光情報基盤技術研究施設に改組され、2005年に現在の千葉大学ベンチャービジネスラボラトリーに改称されています。

千葉大学ベンチャービジネスラボラトリー

ここでは、ベンチャービジネスの元となる創造的な研究開発の促進、加えて高度な専門的職業能力を持った人材の育成に注力しています。
教育においては、VBL研究プロジェクトと呼ばれる公募で採択されたものを軸とし、独創的かつ先端的な研究開発が行なわれています。
教育においては、対象が大学院生の講義が行なわれており、ベンチャービジネス論、ベンチャービジネスマネージメント、ベンチャービジネストレーニングの3つとなっています。
外部団体が支援したことにより実施されている、なんはなコンペと呼ばれるベンチャービジネスや新技術の創出に繋がる研究アイデアを募集する催しも注目を集めています。

この本は、ベンチャービジネスを立ち上げて、業務に実際に携わっている人、あるいはベンチャービジネスの教育研究に携わっている人たちによって作られているものです。
ベンチャービジネススキルとベンチャービジネススピリッツを学ぶことができるものですから、興味のある方は一読してみることをおすすめします。

大学のビジネス講座

千葉大学では、ベンチャービジネス講座を受けることができます。
ベンチャービジネスと言えば、魅力的ではあるがリスクも大きい言われるものでありますが、現在ではそんなベンチャービジネスについて学ぶことができるわけです。
この講義の内容について紹介します。

オムニバス形式での講義

ベンチャー企業経営者・経営コンサルタント・知財専門家・大学教員・研究者といった多岐にわたるジャンルの人たちを招き、オムニバス形式での講義が行なわれます。
講義の時間は水曜日の5限、場所は自然科学系総合研究棟2・2階マルチメディア講義室
定員は100名となっています。

ベンチャービジネストレーニング

ベンチャービジネストレーニングとは、起業に関連した特許申請やシーズ発掘、それに資金調達や事業計画書などの作成を行うために必要な実践的な力を養い、対価的なビジネスモデル構築を目指します。
まずは前半の講義でベンチャービジネスを立ち上げるための基礎知識を学び、事業計画や資金計画などの作成を通じて企業を疑似体験します。
時間は木曜日5限で、場所はベンチャービジネスラボラトリー3階会議室、定員は40名となっています。

ベンチャービジネスマネージメント

ベンチャービジネスマネージメントとは、大体5人ほどを1グループとして、グループワークを通じてビジネスプランである作成から発表、そして検討を繰り返し行っていきます。
そして、その取り組みを通じ、自ら考えることを行い、事業を進める力を養っていきます。
座学を随時取り入れることによって、ベンチャービジネスとマネジメントの理解を促していきます。
時間は水曜日5限、場所はベンチャービジネスラボラトリー3階会議室、定員は40名となっています。

レンタルオフィス千葉

一昔前までは珍しいものだったレンタルオフィスですが、最近では多くの企業や団体に利用されるようになっており、日本中にはたくさんのレンタルオフィスが誕生しています。
そんなレンタルオフィスのひとつである、レンタルオフィス千葉と言うところについて紹介します。

場所について

レンタルオフィス千葉は、千葉県の千葉市にあります。
最寄りの駅についての紹介ですが、最寄りの駅はいくつかありますが、総武本線、外房線、京成千葉線、千葉都市モノレールの千葉駅、あるいは京成千葉駅、栄町駅、葭川公園前駅などになります。
いずれも徒歩5分ほどのアクセスになっており、とても利用のしやすい環境となっています。 

部屋について

部屋のタイプですが、こちらはⅠ名から5名まで利用できるタイプのものが揃っています。
いずれの部屋も用途によって使い分けが可能で、価格帯は29800円からの利用が可能となっております。
利用可能時間は24時間となっており、共有設備として、プリンター、スキャナ、ファックス、シュレッダー、フリースペースがあります。

オフィスについて

レンタルオフィス千葉は、千葉駅から5分ほどの距離にあるオフィスとなっています。
近くには、ショッピングセンターや郵便局、それに銀行などの様々な施設があります。

ここは完全個室となっているのですが、雰囲気的にオープンな感じで使えるような仕掛けもあります。
千葉の支店として利用することもできますし、起業にも使うことができるようになっています。
また、電話の契約もIP電話が備えられていることから、面倒な契約をすることなくすぐにビジネスを始めることができるオフィスとなっています。
レンタルオフィスはたくさんありますが、千葉に住んでいる場合、あるいは千葉にオフィスを構えたい場合には利用する価値があるところだと言えます。

ちばぎん総合研究所のセミナー

ちばぎん総合研究所というところがあります。
ここでは、様々なセミナーが行なわれており、多くの人たちがそれに参加しています。
このセミナーですが、どのようなものがあるのかを紹介していきます。

4月~6月

4月のセミナーは、新入社員研修2日コース、新入社員研修1日コース、新入社員のための心構え研修、本当に良く分かる経理の基礎知識、新入社員電話対応徹底トレーニングが行なわれています。
5月は、新任管理職研修(2日間)、本当に良く分かる経理の基礎知識(2日間)、人事資金制度の改革が行なわれています。
6月は、新入社員のための「営業部門」基礎コース、総務・人事の基礎実務入門、経理会計入門、企業経営入門、営業力徹底トレーニング3日間コース(1日目)、新入社員のための「管理部門」基礎コースが行なわれています。

7月~9月

7月のセミナーは、営業力徹底トレーニング3日間コース(2日目)、モチベーションアップ研修、売り上げアップに繋がるSNS、魔法のクレーム対応講座、営業力徹底トレーニング3日間コース(3日目)、プレゼン力向上セミナーが行なわれます。
8月は、第17回ちばぎん総研ビジネススクール、OB講演、開始5分で主導権を握る 最強のセールストーク、マイナンバー法直前対策セミナー、経営戦略が行なわれます。
9月は、管理職向け「実践コーチング」研修、第17回ちばぎん総研ビジネススクール、マーケティング戦略、資金繰り表とキャッシュフロー計算票の活用方法、弁護士・社会保険労務士が開設する、会社を守る就業規則、組織・リーダーシップ、インバスケット講習で学ぶ!リーダー基礎研修があります。

10月~12月

10月のセミナーは第17回 ちばぎん総研ビジネススクール、人材マネジメント、新入社員フォローアップ研修、千葉県経済を考える視点、ビジョンを創る、中期経営計画の作り方、お客様に聞くだけで「売れない」が「売れる」に変わったたったひとつの質問があります。
11月は、第17回ちばぎん総研ビジネススクール、財務・会計、特別講義「ホスピタリティとCSについて」、総務の基礎知識と仕事への取り組み方、人事戦略、初歩から学ぶ決算書の見方があります。
12月は第17回ちばぎん総研ビジネススクール、IT戦略、モノづくりが行なわれます。

1月~3月

1月は第17回ちばぎん総研ビジネススクール、ビジネスゲーム、社員に教える年金のポイントがあります。
2月は第17回ちばぎん総研ビジネススクール、自社の経営戦略発表1と2、事業承継戦略、内定者向け研修、新規開拓に勇気と自信がわくセミナーがあります。
3月は、一日で分かる給与計算の基本と実務、一日で分かる社会保険の基本と実務があります。
こうしたセミナーや講演会がちばぎん総合研究所では行なわれています。