相手に好印象を与える名刺交換方法

営業の場合、名刺は自分から差し出して!

ビジネスパーソンとして必需品とされている、名刺。
そんな名刺ですが、名刺交換をする際には基本的に、目下の方が目上に差し出すことが礼儀となっています。
目下はいわば、お金をもらう立場の人、目上は、お金を支払う立場の人という解釈ですので、営業で顧客と名刺交換をする際には、名刺は先に差し出しましょう。

目下か目上かどちらかわからない場合は、名刺を先に差し出す姿勢を用意しておけば間違いないでしょう。
無理にぐいぐいと渡す必要はありませんが、下手をすると失礼に当たる可能性があるという事を、頭に入れておいてください。

名刺を受け取る際には、出来るだけ端を持つ

名刺を受け取る際には、相手の名刺の企業名や名前などに自分の指が重ならないように、名刺を頂戴しましょう。
頂戴する際には一言、「頂戴いたします」の言葉を添えることも忘れてはいけません。
名刺を受け取ったら、しっかりと名刺を確認して、お名前と企業名をよくチェックしましょう。
お名前の漢字が読みにくい、珍しいという場合は、呼び間違えの無いように、このタイミングできちんと確認をすることが大切です。

名刺は胸の高さまで持ち上げて、相手が受け取りやすいように、相手が名刺を見えやすいように差し出してください。
両手で丁寧に渡すことが、好印象を与えるための基本中の基本です。
差し出す際には、「○○社の○○です」というように、社名と名前を名乗りながらお渡ししてください。
ついつい名刺の方をみてしまいがちですが、出来るだけ相手の顔を見て、笑顔で渡すように心がけましょう。

名刺交換のタイミングでは、名刺の内容から話を膨らませることも出来る場合があります。
全くの初対面の場合は、名刺の住所をチェックして、○○にあるんですね、など、一言添えるだけで、話のきっかけを作ることが出来る場合もあるでしょう。

後から名刺にメモ書きを添えておくことが大切

名刺は交換をするだけでは意味がありません。
あくまで、名刺とその人の存在をリンクさせて、次回からの御縁をつなぐことが重要になるでしょう。
しばらく間が空いてからですと、どんな方か忘れてしまう可能性がありますので、後から名刺の裏に、付箋などを使ってメモ書きを添えることもおすすめです。

例えば、その人の第一印象、どんな話をしたのかなど、ちょっとしたコメントを書き加えておくことで、その人とまた会う時に、会話のネタを掴むことが出来るでしょう。
名刺に直接書いてしまうと、誰かに見せるときに支障が出ることもありますので、注意が必要です。

名刺交換は、第一印象を決める重要なポイントになりますので、丁寧に行うようにしてください。

できるビジネスパーソンの電話術

電話応対で、仕事が出来るかどうかが決まる!

電話応対は、多くの企業で、一番最初に新人に任せる仕事になります。
電話応対が出来るかどうかは、ビジネスパーソンとしての基本中の基本となることもあり、まずは電話応対を覚えるように指示が出されるケースが多いと言えるでしょう。
言うなれば、電話応対一つで、自分の今後のキャリアが決まると言っても、過言ではありません。

とは言え電話応対は、ちょっとしたポイントさえ押さえれば、恐るるに足りません。
電話応対の際にまず気を付けるべきは、しっかりと相手の話を聞くという事です。
通常の場合、企業名や担当者の名前、要件を電話越しに言われますので、全てしっかりと聞き、メモをして、応対をする癖をつけましょう。
取次の際に、誰に対してどんな要件の電話なのか把握していないと、取次がスムーズにいきません。

フェイストゥフェイスではないからこそ要注意!

電話では当然ながら、声だけのやりとりで、表情を伝えることが出来ません。
その為、自分がどんなに丁寧に応対をしているつもりでも、不機嫌な声だと思われてしまったら、マイナスな印象を与えてしまうでしょう。
フェイストゥフェイスではないからこそ、声のトーン、話し方など、きちんと注意をしておく必要があります。

また、声だけ丁寧にやろうとしても、ダラダラとした態度で電話応対をすると、必ず声に表れます。
また、同じ職場の人が見ていて気分が良くありませんので、目の前にお客様がいるつもりで、姿勢を正して、表情やお辞儀もきちんと行ってみるようにしましょう。
そうすることで、電話応対だけではなく、直接お客様と対峙をした際にも、いつも通り臨むことが出来るようになります。

電話に使える一言をマスターしておく

電話ならではの一言などもありますので、そうした言葉をマスターしておくようにしましょう。
例えば、相手の声量が小さく聞き取れない場合など「申し訳ございません。お電話が遠いようで、もう一度お伺いできますでしょうか?」という一言が効果的です。
相手を失礼なく、自然な流れで伺うことが出来ますので、ビジネスパーソンの電話対応コメントとして覚えておきましょう。

また、始めての電話相手に対しても、「いつもお世話になっております。」は欠かせません。
こちらはあくまで挨拶のような言葉ですので、初めての方に対しても、キチンと最初に付け加えましょう。
相手が自分の名前と会社を名乗ってから、相槌を打つような感覚でこのコメントを使うと、ビジネスパーソンとしてパーフェクトです。

このように、電話だからこそ便利に使うことが出来るコメントも多くありますので、是非ともマスターしておくことが大切です。

厄介なビジネスパーソンへの対応

言われたことしかできない部下は指示出しの方法で決まる!

近年多い厄介なビジネスパーソンのタイプの一つが、言われたことしかやらない後輩です。
指示を受けたことは的確にこなすものの、自分で判断をして動くことをしない、積極的に仕事参加をしないなど、イライラさせられることも少なくありません。
ビジネスパーソンとしては、気配りの心を身に着けてほしい限りですが、その点を注意しても、そういった部下の場合はやらない可能性が高いでしょう。

そんな部下に対しては、指示出しの方法を変えるだけで、部下を活用することが可能です。
言われたことしたやらないのは反対に、言われたことはきちんとこなすので、指示を少しずつレベルアップさせることで、立派なビジネスパーソンになっていくでしょう。
もちろん、突然指示の内容を難しくしてしまっては潰れてしまいますので、必ず気配りをもって接するようにしてください。

仕事の邪魔になる、ちょっかいを出してくる同僚は…

同僚の中には、仕事中であることを忘れ、ビジネスとしての距離感ではなく、友達感覚で構ってくるような方もいます。
ですが、同僚だからと言って邪険に扱うと、人間関係の悪化、職場での印象が悪くなることも少なくありません。

構ってちゃんな同僚に悩まされた場合は、邪険に扱うのではなく、上手く手玉に取ることが重要でしょう。
あなたに好意があるからこそちょっかいをかけてきますので、上手く扱うことが出来れば、ちょっと無理なお願いも引き受けてくれます。

ちょっかいをかけられて面倒くさいと思うのではなく、あくまで下手に出て、あなただけが頼りだというスタンスを見せることが一つのポイントです。
こういったタイプは、頼られるとやる気をだす方が多いため、どんどん相談をしてみるようにしましょう。
反対に、頼られると責任を逃れたくて、出来るだけ関わり合いを持たないようにしようと逃げるタイプもいますので、どちらにせよちょうど良いでしょう。

意見が通じない上司にはさらに上に頼るのも手

意見が通じない上司、出される指示が毎回都合によってコロコロと変わるような厄介な上司も、ビジネスの現場ではよくいるタイプです。
仕事に支障が出ることも多く、自分が悪いことをしていなくても、怒られた経験がある方もいるでしょう。

どうしても意見が通じず、仕事に支障をきたしている上司であれば、更にその上の上司に
報告をするというのも一つの方法です。
上司を押さえつけられるのは上司だけですので、上手くコネクションを作ると良いでしょう。

難しい場合は、上司を上手に操るのも一つの方法です。
上司に気に入られるように、自分は尊敬をしていますというスタンスを貫くことで、徐々に上司の対応が変ってくることも少なくありません。

見込み顧客を捕まえる経営戦略

多くの営業社員が見逃している見込み顧客

営業スタッフとして多くの現場を渡り歩いている人でも、案外将来的な「見込み客」については見逃していることがよくあります。
営業担当者はまず企業内の広告販促部が行っている広報活動に従い、ターゲットとなる企業を回りそこで購入に至るまでの商談を仕掛けていくことになります。

しかし真面目な営業マンほど当初に予定していた顧客にばかり目が行ってしまい、その途中で出会うことができる見込み顧客の存在を忘れてしまいがちです。

企業に営業をかけるときには、売り込み先として当初予定しているところだけでなく広くチャンスをうかがうようにする方がぐっと効率的です。
営業マンは常に自分の営業活動で見込み客を逃していないかということを意識して行動していくことが大切です。

最初のアプローチであきらめていませんか?

見込み客を逃す最も大きい例として、最初のコンタクトでよい返事をもらえなかったところを切り捨てているということがあります。
確かに営業活動をしていて最初のアプローチであっさり門前払いを食らってしまうと「ここはもうダメだな」と切ってしまいたくなります。

ですがそうした最初はとりつきの悪い企業も、その後内部での必要性を説いていくことで長く付き合える取引先になってくれることもよくあります。

見込み客であるかどうかは相手からの反応ではなく、その企業や顧客の必要性に関係しています。
粘り強く必要性を働きかけることにより大きな成果を得られる可能性もあるのであきらめずに営業をしていってください。