医療福祉ビジネス

千葉ニュータウンで実現する「地域包括ケアシステム」

日本国内で急速に進んでいる問題である少子高齢化に対応するべく、現在急ピッチで社会福祉制度の改革・再編が行われてきています。
目玉政策として掲げられているのが「地域包括ケアシステム」という、介護・医療を地域で一体的に行っていくという方法です。

従来までの高齢者のための福祉は、病気の時には病院、介護が必要になったら入所施設といったようにはっきりと区分けがされていました。

しかし高齢者が増えたことにより病院や開度施設での病床数が追い付かず、必要なケアを受けることができない人が増加してきました。

そこで今後は各施設ごとに独立した対応をするのではなく、在宅介護を基本としつつ通所介護や通院などにより高齢者の健康管理と見守りをしていこうという方法にシフトしようとしています。

そのためには病院や介護施設だけではなく、地域全体が協力して高齢者を支えていくということが必要になります。
そこで「地域包括ケアシステム」という枠組みを作ることで、一人ひとりの高齢者に対してきめ細かいケアができる体制をとっていくことが各自治体に求められています。

これまでは国が主導してきた高齢者ケアを地方自治体に大幅に権限移譲することが決まっており、地域ごとに独自の事情に応じた高齢者ケアを展開していくことができます。

千葉県における医療福祉ビジネスの可能性

そうした地域単位でのケア体制に大いに可能性を感じさせてくれるのが千葉県です。
中でも千葉県印西市の「千葉ニュータウン中央駅」では新たに都市開発を展開する中で地域包括ケアシステムを構築することを目的としています。

地域包括ケアシステムを適切に連携させていくためにはまずある程度の規模の都市の大きさとともに、町の中で完結できる複数の施設が存在しているということが必要になります。

既にある程度町の形ができている地域においてはそこから新たな連携システムを作っていくというのは難しい面もありますが、千葉ニュータウン中央駅周辺は新しく開発された都市ということもあり、比較的住民の年齢層も若く都市も計画的に配置をされています。

そのため現在千葉県内でも最も注目されている地域包括ケアシステムの町とされており、着々と周辺地域の病院や介護施設との連携が進められています。
連携が整えば今後ますます多くの住民が移り住んでくることも期待できるので、千葉県中央部に中心都市ができる日も近いかもしれません。

医療福祉がビジネスとしてのチャンスも広げる

千葉ニュータウン中央駅の強みは新しく都市開発をされるということだけでなく、国道や路線により東京都内および成田空港と直結させることができるということです。

千葉県中央部を走る国道464号線は東京方面から真っすぐつながる道路であるとともに、東に進むことにより成田空港にも直通します。
この立地の強みを生かすことにより「医療ツーリズム」という新たな観光資源とすることも狙いとなっています。

「医療ツーリズム」とはここ近年急増している海外からの観光客のためのサービスで、医療システムが整っている日本の病院で検査や治療を受けたいというニーズに応えるものです。

既にアメリカでは「メイヨークリニック」というミネソタ州の小都市が大病院を建築することにより多くのセレブ客を誘致することに成功しています。

海外からの観光客が増えればその分ホテルや飲食店なども増加していくことになるので、経済全体に大きな波及効果を期待することができます。

リフォームビジネス

建築業のビジネスのひとつにリフォームビジネスと呼ばれるものがあります。
これは、その名の通り、リフォーム業務を核としたビジネスとなります。
千葉にあるビジネスのひとつですが、当然全国にはたくさんのリフォーム会社があります。

新しいものへと生まれ変わらせる

住宅というものは、人がいる限り必ず無くなるものではありませんから、需要という意味では途切れることはないでしょう。
ただ、家をひとつ買うとなった場合には大きな出費になりますから、なかなか新築であっても中古であっても手を出すことは難しいです。
ですが、リフォームならばそれらよりも安価でありながらも、住宅を新しい形にできるということで人気があると言われています。

それに、造りの古い家であっても、リフォームを行うことによって、また新しい形に生まれ変わらせることも可能です。
こうした点から見て、リフォームビジネスは今後も可能性があるものと言えるわけです。
昔リフォームのテレビ番組がブームをよびましたが、現在でもたまに放送されることから、リフォームに対する人々の興味は失われていないと言えるのです。

リフォームビジネスの今後

今後はリフォームビジネスはどうなっていくでしょう。
このビジネスは、更に今後大きく発展していくと予想されます。
中古住宅流通業とも結びつきがあって、中古住宅を買うことで何かしらのリフォームをすることになるからです。

更に、今後現在使われている住宅が古くなっていくに従ってリフォームの要請が増えていくことも考えられますし、いずれにしてもリフォームビジネスの未来は当面明るいと言えるでしょう。
当然千葉でのリフォームビジネスについても拡大していくことが予想されます。

ただし、悪質なリフォーム業者には注意が必要です。
リフォーム終了後は施主も浮かれてよく確認せず、引き渡しして何年か経った後に手抜き工事が見つかることもあります。
そのようなトラブルを避けるために、施工後の内覧会等では複数人で、細部まで確認することをおすすめします。
参考:内覧会でチェックするべきポイント

製粉ビジネス

千葉で行われているビジネスのひとつに、製粉ビジネスと言うものがあります。
これは、その名の通り製粉を用いたビジネスのことです。

研究開発

麦に秘められた可能性、特製を追求して食のニーズに対応する製品開発が行なわれており、
素材の中に秘められた機能を引き出す研究開発を促進することを目的としています。

製麺開発では原料素材の徹底分析が行なわれ、高付加価値製品の開発を行っています。
小麦の持つ特性を引き出して新しい製品を生み出すことを行っています。
高品質の小麦粉を使用し、新しいめん食文化の創造をするための研究が行なわれています。

製パン開発では、パンの基礎研究や独自の開発技術ノウハウを使った上質なパン製品の開発が行なわれています。
安全志向、ヘルシーなどの時代のニーズに応えるような高品質かつ多彩な食材が産まれています。

機能素材開発では、小麦粉の構成成分に対して可能性を追求しています。
そこから食品素材を用いて、食品用接着剤や化粧品素材などの安心、安全な機能素材の開発を行っています。

プレミックス開発では、食生活を多彩かつ豊かにすることを目的として、優れた製品を生み出すための研究開発を行っています。
プレミックス製品群としては、てんぷら粉、唐揚げ粉、ベーカリー類としては、ドーナツ用、パン用、ケーキ用といったものが開発されています。

小麦にこだわる

製粉ビジネスで大切なのは、その原料になる小麦です。
小麦についてのこだわりがなければ良いものは作れません。
豊かな大地の恵みをたっぷりと受けて育った小麦一粒が、製粉ビジネスを支えているのです。

小麦は、先入れ先出しを行うことをはじめとした、気遣いのある保管方法が求められます。
低温、低湿度での保管はもちろん、ネズミなどの害虫にも注意しなければなりません。
こうした心遣いを持ってこそ、良いものが作れるというわけです。

製粉ビジネスの今後

食は人間にとって必ず必要になるものです。
ですから、この製粉ビジネス自体は無くならないと思われますし、研究が続く限り必ずや続いていくものと予想されます。
更なる今後の発展にも期待が持てるものと言えるでしょう。

レジャービジネス

157157214151036e7eeaaa9747330ecc_s千葉のビジネスのひとつに、レジャービジネスと呼ばれるものがあります。
東京から大体1時間程度で行くことができる千葉には、様々なレジャーが集結しています。
花火、海水浴、お祭り、プール、そしてドライブやゴルフ、そして温泉と言ったものです。
このビジネスは、こうしたレジャーを取り扱ったビジネスになるわけですが、これがどのようなものかについて紹介していきます。

海で遊ぶ

千葉の房総半島には、海のレジャーが集まっています。
海水浴場もたくさんありますし、釣りをする場所もたくさんあります。

海水浴場ならば、家族やグループで賑わう富津海水浴場、波は低めで磯遊びも可能、家族連れにも最適な上総湊海水浴場、波もほとんど立たず、砂浜がサラサラで子供連れに最適な大貫中央海水浴場、透明度が高くゆったり過ごせる新舞子海水浴場などがあります。
それぞれの海水浴場におすすめの宿泊プランが用意されていますから、単に出かけて海水浴を楽しむ以外に、宿泊場所でも楽しむことができます。

釣りをする場所としては、木更津港の防波堤や金谷漁港などがあります。
これらのスポットは、絶好の釣りスポットとして知られているところです。
金谷漁港では、年間を通じてアジ、夏はマルイカを釣ることができます。

夏と言えば花火に祭り

夏のレジャーの代表格として挙げられるのが花火です。
花火大会はたくさんの地域で行われるもので、千葉市民花火大会では8000発もの花火が揚がります。
木更津港まつりの花火大会や、富津花火大会なども開催されており、たくさんの見物客が毎年訪れています。

木更津市最大の行事とも言えるものが、木更津港まつりです。
花火大会の前日に行われる、やっさいもっさい踊りをはじめとしたイベントは多彩で、30万人もの人で賑わうものとなっています。
レジャーホテルについても知っておくといいかもしれません。
>>レジャーホテルはビジネス利用にピッタリ!|レジャーホテル活用法

多彩なレジャースポット

千葉にはテーマパーク、プール、温泉、ハイキング、ドライブなど多彩なレジャースポットがあります。
どこに行っても楽しめることは間違いありませんが、その中でもおすすめのものを紹介します。

楽しいイベントが盛りだくさんのマザー牧場では、放牧された牛から取れる牛乳や、手作りのクッキーなどを楽しむことができます。
東京ドームの27倍を誇る広さを持ったカントリーファームの東京ドイツ村では、ボートやパターゴルフ、それにアミューズメント、動物園、更にはフラワーガーデンにレストラン、バーベキューなどが楽しめます。
本物のリゾートエリアと呼ぶにふさわしい、ロマンの森共和国は、様々なスポーツ施設を備えていて、本格的なリゾートエリアとして機能しています。

個性豊かなプールが揃っている、富津ジャンボプールは、子供から大人まで楽しむことができます。
65種類ものお風呂とプールがある巨財なリゾートであるスパ三日月竜宮城は、南国リゾートと和数の趣を兼ね備えた空間が印象的です。

東京湾の上をまっすぐに走るデートに最適なアクアライン、海に浮かぶパーキングエリアの海ほたるは花火鑑賞にもピッタリです。
地元の魚や農産物の販売、名物のソフトクリームにいわしハンバーグなどを満喫できる道の駅富楽里では素朴な味を満喫できます。

大浴場と12種類のお風呂で疲れにもバッチリのスーパー銭湯では、極楽気分を楽しめます。
プロのマッサージを味わえる君津の湯では、昔ながらの雰囲気を味わいながらも快適さを求めることができます。
かずさの湯では、サウナと9つのお風呂でしっかりリフレッシュできます。

四季を通してハイキングを楽しめる養老渓谷ハイキングコースは、大体10キロ前後のコースを楽しむことができます。
こうした数々のレジャーを千葉では楽しむことができます。
それと同時に、これらのレジャーがビジネスとして成り立っているのです。