安全性の高いパスワードを考えるコツ

安全性の高いパスワードはどうやって考える?

パソコンの立ち上げやサイトのログインなど、パスワードは、ありとあらゆる場面で利用が求められています。
セキュリティを守る為、非常に重要ですが、あまりにも簡単なパスワードにしてしまうと見破られてしまい、個人情報が漏れてしまうような事態に陥ることも少なくないでしょう。
自分の個人情報などを守る為にも、安全性の高いパスワードを作成することが大切です。

安全性が高いパスワードを作る際にはまず、出来るだけ同じパスワードを使わないという事が大切です。
どのパスワードも全く同じという場合、万が一、一つがばれてしまったら、他のものも芋ずる式で判明してしまいます。
サイトなどによって、パスワードを変更するように心がけましょう。

英字や数字を組み合わせることで安全性が高くなりやすい

パスワード設定はその時によって使える文字が異なりますが、出来るだけ、英字と数字が混ざり合っているパスワードを作成すると、安全性が高くなりやすいでしょう。
数字だけの場合は特に、総当たりをすればいずれは当たってしまいますので、出来るだけ、英字と数字を混ぜ合わせて、複雑なパスワードを作るようにしてください。

どうしても数字だけが良いという場合。
出来るだけ8桁前後数字を活用するなど、簡単には入力することが出来ない、簡単にはわからないようなパスワードを選ぶようにしてみましょう。

また、英字と数字を混ぜると言っても、自分の名前と誕生日、など、明らかに特定されやすいタイプのパスワードはご法度です。
それでは数字だけとそこまで変わりませんので、ある程度工夫をしてパスワードを変えるようにしましょう。
名前や誕生日は、出来るだけ入れないようにすることが大切です。

関連性がある数字はとにかく使わない

当然ですが、誕生日などの、自分に関連性がある数字は、パスワードとして特定をされやすいため、絶対に利用しないようにしましょう。
1234、1111などの、連番、ゾロ目の数字もご法度です。
特定をされやすく、セキュリティも何もないと言えるでしょう。

誕生日を反対から読んだ数字、文字を組み合わせ直しただけという数字も良くありますが、その点も注意が必要です。
大抵の場合は、誕生日と関係がある数字を総当たりで当たる傾向がありますので、ハッカーの手にかかれば、一発でアウトだと言えるでしょう。

出来るだけ、自分自身とは関わり合いの無い数字、関わり合いがあっても、特定をされないように工夫をした数字を活用することが重要です。
4桁の暗証番号などの場合は特に、そもそものセキュリティが非常に甘いですので、特定される数字を記入していたら危険といえるでしょう。

ビジネスシーンを変えるAIリクルーティングとは?

AI技術の発展を生かしたAIリクルーティング

AI(人工知能)を活用し、“人間がわざわざやらなくても大丈夫な仕事”を賄わせることで、作業効率をアップさせることが出来るのが、AIリクルーティングです。
AIの進歩は近年目ざましいものがあり、一昔前までの仕事量、作業効率と比べると、大幅に企業全体の負担が軽減、仕事の効率化が図られていると言えるでしょう。

例えば、定期的に自動的にメールマガジンを配信、会員登録者への自動通知、イベントの案内など、マーケティング類に幅広く活用されています。
少し前までは、こうした仕事は人間の手で逐一行わなければいけませんでしたが、AIを活用することで、自動配信が可能となったのです。
様々な企業でこの機能が応用されており、アイデアや活用方法次第で、様々な場面に利用することが出来るでしょう。

オートメーション化して負担減

AIリクルーティングのように、様々な事柄をオートメーション化することで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
やはり一番は、従業員、労働者への負担を減らすことが出来る点があげられるでしょう。

AIリクルーティングでは、人間ではなくても行える仕事、人工知能でもしっかりと行える仕事を賄います。
例えば、人事採用など、人と人とがフェイストゥフェイスで行わなければいけない事柄に関しては、もちろん人が行いますが、それ以外の業務は、ほぼすべて人工知能が活躍できるでしょう。
もちろん、採用マーケティングに関しても、ある一定のラインまで、人工知能が賄うことが可能です。
面接にこぎつける前の段階、アプローチの段階では、人工知能を活用したオートメーションが利用されることが増えてきているでしょう。

今後も更なる発展が見込まれるAIリクルーティング

今後もAIリクルーティングは、実に幅広い範囲で活躍することが期待されています。
人工知能を活用した、マーケティングオートメーションもその一つです。

例えば近年増加傾向にあるのが、採用マーケティングに関する使い道です。
自社に興味がある人が、気軽に登録をすることが出来るタレントプールなどが、その一例と言えるでしょう。
今すぐの転職は考えていないものの、将来的に転職をするかもしれない、興味があるという方を、直接フォローすることが出来るでしょう。
将来的なご縁に繋がることも少なくありませんので、こうしたマーケティング方法を採用している日本企業も増えているのです。

更に、登録した方が一定回数チェックをすることで、自動的に面接のご案内を送ることが出来るシステムなど、積極的なツールも導入されています。
こうしたツールを導入してマーケティング出来る点も、人工知能ならではと言えるでしょう。

マスターしておきたいExcelの小ワザ

エクセルは小技を使ってより便利に活用できる

表計算ソフトとして、ビジネスパーソンの必須ツールと言っても過言ではないのが、エクセルです。
エクセルは、様々なデータを入力することが出来、データをまとめる、データの計算を行うなど、便利に活用することが出来ます。
ですが、ただ入力して使うだけでは、何かと不便に感じることも少なくありません。
エクセルをより便利に活用するためには、ちょっとした小技を活用すると良いでしょう。

大きな表を格納して見やすくしたい

顧客情報が増えるたびに、データがどんどんと増え、比較がしにくい、見にくいなどの事態に陥る方は少なくありません。
そんな時は、必要に応じてデータを格納することで、便利に活用することが出来るでしょう。

やり方としては、まとめたいデータの列と列を複数選択し、画面上部のメニューから、データを選んで、グループ化を選択して下さい。
格納がきちんと出来ていれば、丈夫に+のマークが表れます。
こうすることで、複数選択をしたグループを、自由自在に格納することが可能です。

格納機能は、横に広がりがちなデータの出し入れをすることが出来ますので、非常に便利に活用が可能でしょう。

簡単にシンプルな表を作れる、テーブル機能

シンプルな表を作成する際に非常に便利に活用できるのが、テーブル機能です。
メニュー上部から、テーブルボタンを選択し、いくつか表示されるテンプレートの中から、好みの表を選ぶことで活用することが出来るでしょう。

テーブル機能の利点は、その都度表を作成しなおさずとも、データの増加に合わせて、見やすい表に整えてもらえるという点です。
今後データをさらに追加する予定があるという場合は、こちらのテーブル機能を活用することをおすすめします。

最初は、指定した範囲にデータが表れますので、データが出来上がってからデータを増やしたいという場合、右下をドラッグして表のサイズを調整しましょう。
意外と面倒な、表の作成しなおしも、スムーズに対応することが出来ます。

ちょっとしたメモを添えられる、テキスタイルボックス

データの隣に、ちょっとしたコメントを添えたい時などに重宝するのが、テキスタイルボックスです。
エクセル上に、文字を入力することが出来る空白のボックスを作れるもので、こちらを使うと、簡単に一言コメントやメッセージを添えることが出来るでしょう。
データの引き継ぎや、データ作成のタイミングなどをメモしておきたい場合などに活用することが可能です。

まず、上部メニューから挿入を選択し、テキストボックスを選択。
縦向きや横向きなどがありますので、データに合わせたタイプを選択することで、データ上にボックスが表れます。

フレームワーク「GTD」でタスク管理

生産性向上効果が期待できるGTD

GTD(Getting Things Done)とは、生産性向上コンサルタントのデビッド・アレン氏が提案をしている、タスク管理術の一種として知られています。
主に5つのステップで構成されているフレームワークとして知られ、ビジネスパーソンが是非とも知っておきたい管理術として、大切にされているのです。

GTDの5つのステップは、把握する、見極める、整理する、更新する、選択するの、5つに分類されます。
それぞれ、仕事の状況や今後のことを考えてのステップとなりますので、欠かすことは出来ません。

まずは、何をやるべきなのか把握した後、その事柄は本当にやるべきなのか、いつやるべきなのかなど、状況を把握していきます。
その後、状況や事態を整理して、どのタイミングでその事柄を行うのか、仕事内容を整理していき、必要に応じて仕事をこなしていくのです。

その後、今までステップで蓄積したリストを、状況に合わせて更新、必要に応じて共有を行っていきます。
そして、タスクの整理整頓が終ったら、実際に行うタスクを選び、こなしていきましょう。

このように、タスク管理を明快にすることが出来るのが、タスク管理術、GTDの大きな特徴となります。

GTDを徹底させることが仕事効率アップに繋がる

GTDはこのように、どんな仕事内容があるのかを把握して、整理整頓、対応をしていくまでの流れのことを指します。
ただ蓄積したタスクをこなしていくだけでは、仕事効率はいつまでたってもアップしませんので、より効率的に仕事を行うためには、非常に重要と言えるでしょう。

タスクは日々、意識をしておかねばどんどんと蓄積してしまいます。
キチンとタスク管理をしようにも、術を知らないと、反対に効率が悪くなる可能性があるでしょう。
タスクの整理整頓を行うためにも、GTDの考え方は、最初の方に覚えておくべき、教えておくべき考え方と言えます。

ツールを活用してGTDを取り入れる

GTDを取り入れるためにはまず、実際にタスクを書きまとめることが必要になります。
紙とペンに書いて行うのも一つの方法ですが、消す手間などを考えると、アプリやツールなどを活用すると、よりサクサクと利用することが出来るでしょう。
GTDは実際に行ってみるとわかりますが、タスク管理をする手間暇も軽減することが出来る、フレームワークですので、多くのビジネスパーソンに活用されています。

フレームワーク向けのツールやアプリなどはいくつか用意されていますので、自分に合っているタイプを選ぶことで、より仕事効率をアップさせやすくなります。
タスク管理に失敗している部下がいる場合なども、GTDの考え方を身に着けるように、レクチャーすることが重要になるでしょう。